2008年02月01日

田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開

田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!
外国為替証拠金取引実践セミナー



FXスイングトレード。サラリーマン向け。


シンプルなテクニカル分析に基づくトレード。

短期で大きく利益を上げたい方向け。













田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!
外国為替証拠金取引実践セミナー





講座趣旨
前回の入門セミナーを見て、我々エンジュクのスタッフ全員が、田平先生が実際に外国為替証拠金取引で大きな収益をあげていることを確信しました。

そして参加された方の多くが実践編にも参加を希望された状況からも、田平先生の高い実績と、そのトレード手法の再現性の高さがご理解いただけると思います。

エンジュクでは、田平先生、新井先生による外国為替証拠金取引のセミナーを開催しました。

その結果、外国為替証拠金取引は、

「現在明らかに有利な状況下にある。」と捉えています。

ここに、各国の政策金利をまとめました。
日本 0.1%
アメリカ 2.25%
オーストラリア 5.25%
ニュージーランド 6.50%


円で外貨を買い建てることにより、円と、外貨の金利差がスワップ収入として手元に毎日入ってきます。

たとえば現在オーストラリアドルを、10000ドル購入したと仮定します。
5万円の証拠金で、10000ドルの豪ドルを購入した場合、1日なんと120円程度の金利収入が手元に入ってきます。これは、年間になおすと、約4万円強。

豪ドルと円の水準がこのまま変化しなかったと仮定すると、何も売買することなく、年利80%の運用益を手にすることが出来るのです。

田平先生も、新井先生も株式投資にも精通された方ですが、お二方ともセミナーの冒頭でこう話されました。

「外国為替証拠金取引は現在、使う人が使えば、大変おいしい商品です。」

そんな注目を集めつつある、外国為替証拠金取引のセミナーは当社でも沢山の方々にご参加頂きました。







今回は実践編ということで、田平先生が日頃使用しているチャートを使って、仕掛けのポイント、利食いのポイントを具体的に説明していきます。

MACDや、スローストキャスティクスを活用したトレード手法をご覧になった方は、きっとすぐにでも外国為替証拠金取引をはじめたくなることでしょう。

外国為替証拠金取引は、たとえ勝率5割で、売買による収益がゼロだとしても、外国の通貨をロング(買い)している限りは、お金を手にすることが可能です。

利益を上げ続ける現役の個人投資家から、本当に利益が上がった手法をタップリと学んでみませんか?
田平雅哉の21日間で2倍強の利益を出した手法公開!






posted by 2倍強の利益 at 12:20| 外国為替証拠金取引実践セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。